読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.8.25

私が先日受けた大学院の試験の中に「日付というフィクション性」について具体的な事象とともに説明せよ、という問題が出た。その時は焦って荒木経惟の偽日記、写真に刻印された偽の日付についててきとうに書いてしまった。非常に苦し紛れの回答だった。


ということで私は「日付のフィクション性」について考えている。テキスト内現実と世界内現実とは遮断されているという考え方がある。テキストとはテキストでしかない、という。日記をつけていると、私のように怠惰な人間は、経験した出来事をすぐに書くのが面倒なので(私は出先でiPhoneの画面を身過ぎると夕方頃には間違いなく頭が痛くなってしまうので、その場で書くことなど出来ないし、夜はお酒を飲んでしまって明日書こう、とか思ってしまう)後日書いたりする。この時、私は日記のタイトルは必ずその経験をした日の日付けにするようにしているのてね、執筆日とタイトルの日付が異なるということがよくある。これを見たときになんだか僕は期せずしてフィクショナルな日記を書いてしまっているのではないかと思った。

フローベールの『ボヴァリー夫人』には文中、一箇所だけ「9月4日」という日付が出てくるらしい(蓮實重彦の指摘らしい)が、私はもちろんそんなことには気づいていなかった。収穫祭だかなんだかで役人が来た日だろうか?(ボヴァリーと遊び人の貴族が不倫する場面とこの催しの場面が交互に書かれているところ)これも「日付のフィクション性」につながる気がする。しかし、ちゃんと調べてもないし、私はうまく説明することが出来ない。

「8.6」や「8.9」や「8.15」や「9.11」や「3.11」と書くと、年代順に並んでるな、とすぐわかる。これらの歴史的な出来事は以前/以後の結節点として象徴的だ。しかし「以前/以後」など本当にあるのだろうか?日付とはどこに(何に?)その印を刻み込んでいるのだろうか?これも「日付のフィクション性」あるいは「物語性」につながっている気がする。

言語構造そのものは時間を含むことができない。このことも「日付のフィクション性」に関わる気がする。本当か?怪しい。時間の連続体が歴史ではない。