日記とメモ

岡田勇人の備忘録・活動録

2017.12.17

関西大学東西学術研究所身体論研究班研究例会映画「『For Example』をめぐって」に平倉さんの公演を聴きに行った。参考になった。特に、『For Example』における個体性・具体性と一般的な荒川+ギンズの作品における普遍性・抽象性をめぐる問題について。ここで、荒川と太一さんの演劇が繋がった。これは大きな、大きな収穫。

 

1.子供を「使う」

・『意味のメカニズム』に頻出する「use」の問題から

・「この子を避雷針として使え」

 

2.歴史的前提

・荒川+ギンズにおける例外としての『For Example』

→子供の具体的な身体性、場所の持つ歴史性⇔普遍的な身体の再設計を目指すモダニズムアヴァンギャルド、理念的な身体

・ダンスとしての『For Example』:トリシャ・ブラウン、ゴードン・マッター・クラーク→重力に対する全く違う関係

 

3.酩酊の分析的使用

 

4.身振りの灌漑

・身振りの喩的灌漑/ダイアグラム的灌漑

→喩的灌漑:身振り⇔テキスト・声、ダイアグラム的灌漑:規則性によって立ち現れる「似たもの」

→図、言語、身体の相互陥通

*この時の身振りとは身体のイメージである

 

5.足が彼にサヨナラする

・上半身と下半身の分裂、『意味のメカニズム』におけるティツィアーノの絵画分析

 

6.反響する器

・身振りの周りの空白=器→ブランク?

 

7.共同性

・『For Example』における人称の重なり

I:カメラ=荒川、テキスト=ギンズ、声=ブランという三重性 He:ジョナサン・リーズが浮浪児を演じるという2重性 You:観客

→これらバラバラなものすべてのシステムとしての共同性

 

8.課題

 

 

 

身振りとしての身体(イメージ)と現象学的な身体を荒川+ギンズはごっちゃにしていた気がする。戦略的に?『建築ー宿命反転の場』におけるダンス。来月の発表に備えて。